イメージ画像

理想が高すぎるとお見合い相手を探せないことも

結婚するなら少しでも好条件な相手を見つけたいと、誰でも思うものです。自分で探せるのなら問題ありませんが、結婚相手を探そうと婚活する場合は、若い相手ばかりを探していると、お付き合いにまで至らないケースは珍しくありません。


婚活イベントなどを利用する場合、年代層を限定したパーティーなどもありますので、そういったイベントを利用するのも一つの方法ですが、実際にお付き合いまで始まることは少ないかもしれませんね。


結婚相談所を利用すると、婚活イベントよりはお見合い相手を探すことも現実的になってきますが、あまりにも年下の相手を希望していると、なかなかお見合い相手を探すことができません。


せっかく高い入会金を支払っても、お見合いすることができなければ、入会金の無駄になってしまうので、あまり理想を高く持ちすぎるのは避けておいたほうが良いでしょう。


5歳前後をめどにするのがベスト

特に男性の場合、10歳や20歳年下との女性と結婚を望まれる方も少なくありませんが、現実的に考えた場合、20代の女性が40代の男性と結婚したがることは、まずありません。


年上好みの女性など、限定した場合、相手を探すことができるかもしれませんが、それほど数は多くないと考えておいたほうが良いでしょう。


また、女性の場合、自分と同年代近くの男性とお付き合いできると考えている方も多いですが、アラサーを超えてくると、同年代の男性は、まず年下の女性を選ぶようになります。


見た目が若いからといって、同年代ぐらいの男性を好んで探していると、相手からお見合いを断られることもあるため、お見合いにまで結びつかないこともあります。


結婚は妥協したくないと考える方も多いですが、いつまでもお見合いができなかったり、理想の相手を探すために月日だけが流れていくと、何のために結婚相談所に入会したのか分からなくなってくるので、気を付けたいものです。


現実的に考えた場合、男性も女性も自分の年齢から5歳前後をめどにして、お見合い相手を探すと、スムーズにお見合いまで進展することが多いものです。

このページの先頭へ