イメージ画像

結婚したいのにできない女性達。シングルマザーのチャンス到来!?

未婚化と言われますが、現代の女性は結婚したくないのでしょうか。たしかに、社会は多様化していて結婚観もさまざまかもしれませんが、結婚したくて結婚相談所に通う女性は多くいます。


昔のように、女性は結婚しなければいけないとの社会規範はなくなりましたが、結婚は女性にとって、やはり憧れであり続けています。結婚雑誌を買うのはほぼ女性ですし、結婚式の主役もやはり女性です。


では、実際に結婚できないのは何故でしょうか。1つ目の理由は、女性の自己実現に対する欲求の高まりが考えられます。男女雇用機会均等法制定以降、多くの女性が社会で活躍しています。そのこと自体は非常に良いことだと思います。


経済的にも精神的にも自立している女性は素敵な女性です。しかし、自分らしさを追求しすぎれば、結婚相手のライフスタイルに合わせることは困難です。全く同じ趣味や考え方の男性はいないに等しいのですから。


結婚の多様化に伴って、母子家庭の再婚も少なくないようで、結婚相談所にシングルマザー向けのプランも用意されています。シングルマザーがチャンスと考えるのは、初婚の女性に比べて、そういったことを無意識に理解できているからです。


つまり、良くも悪くも男性に対して求めすぎません。結婚とは育った環境も、性格も、趣味も違う者同士がある程度譲歩しあって家庭というひとつの社会をつくるものです。


結婚しない理由の2つ目は、交際機会が増えたことです。昭和初期の結婚の主役はお見合いで、始めて会った人と親が言うままに結婚することもあったようですが、自由恋愛の現代では初めて付き合った人と結婚する確率はどれほどでしょう。


男性との交際機会が増えれば結婚の機会が増えるように思いますが、経験があると人は簡単に男性を好きになりません。もっといい人がいるのではとの考えも浮かんできます。


母子家庭の再婚の場合、結婚に対する真剣さが増して、ひとつの出会いを大切にします。そんな女性を愛おしく思う男性も多いことでしょう。シングルマザーであることをマイナスに考える必要は全くありません。


結婚相談所は当事者の情報を把握したうえでマッチングするので、母子家庭であることに理解のある人を紹介してくれるはずです。真剣に再婚を考えるのであれば、あなたにとって結婚相談所は信頼のおける場所になります。

このページの先頭へ