イメージ画像

母子家庭の貧困

平成23年度全国母子世帯調査によると、母子世帯の母自身の平均年間就労収入は181万円となっています。これは、父子世帯の父自身の平均年間就労年収である360万円の約2分の1しかありません。


子供を引き取るのは母親側であることが多いようですが、養育費を考慮したとしても、この数字を見る限り母子家庭は経済的には決して楽とは言えません。


実際に、一人親世帯、主に母子世帯の貧困率は約50%という高水準です。さらに、現在の日本社会では貧困家庭の子供が十分な教育を受けられずに、その子供が将来的にも貧困状態に陥ってしまうという、負のスパイラルも指摘されています。


昨今では良い縁を求めて、結婚相談所に登録するのも一般的ですが、その中にはシングルマザーが経済的理由から再婚を考えるケースも見うけられます。


結婚は一生に一度という考え方は、遠い昔のお話で、女性の自立が可能な先進国では再婚に対しても比較的ポジィティブなようです。


幸せな家庭を築く権利は誰にでもありますから、むしろそれは自然なことでしょう。また、子供の将来を考えても、経済的な安定を望む母親は多いはずです。


日常生活の中でそのような素晴らしい出会いに恵まれる場合もありますが、経済的理由からの婚活は結婚相談所に委ねるほうが効率的です。


なぜなら、結婚相談所は、大半が相手の希望年収を事前に把握し、その希望に合った相手を紹介するシステムになっているからです。出会いから結婚までの道筋を余分なお金と時間を省いてスムーズにたどることができます。


結果を期待するのであればできるだけ効率的に、また、忙しい現代人であればそれにかける時間やお金も短縮するほうがよいでしょう。近年では母子家庭や父子家庭の再婚に特化したプランもあり、その内容は非常に充実しています。


登録料、成婚料等が無料のところもあるので、自分らしい再婚に向けての婚活ができる場所を見つけることがとても重要になってきます。


結婚相談所は忙しい現代人の効率的な出会いの場としても、再婚を考える女性のパートナーとしても、今後、より一層需要が高まってくると思われます。

このページの先頭へ