イメージ画像

婚活パーティで緊張してしまうあなたに! 上手な話題の見つけ方

「婚活したい」という男性に人気なのが、一度にいろいろな女性と知り合える婚活パーティ。しかし、お互いに初対面なので会話が続きにくく、せっかくのフリータイムをうまく生かしきれずに終わってしまうことも少なくありません。


女性の前だと思うと緊張して話せないことだってありますよね。そこで、無理なく会話をつなげていくための、上手な話題の見つけ方をリサーチしました。ぜひ、参考にしてみてください。


■誰にでも受け入れられやすい会話ネタ

一般的に、政治や宗教の話はタブーであるとされています。初対面の場合は特に相手のバックグラウンドが何も分からないので、こうした誤解を生みやすい話題は避けるようにしましょう。


反対に、誰にでも受け入れられやすいのは「天気」「食べ物」「地域ネタ」「ニュース」「仕事」「旅行」「趣味」など。適度に質問も加えながらこれらの話題を振り続ければ、何も話すことがなくてシーンとしてしまう事態は避けられるでしょう。


■聞きにくいことを自分から話してみる

当然のことながら、婚活パーティに集まる女性は結婚相手を見つけるのが目的。男性に対して「年収」「貯金の額」「親との同居の有無」など聞いてみたいことはたくさんあるはずです。しかし、初対面の相手にあまり踏み込んだ質問をするわけにもいかず、もんもんとしてしまう。その不安な気持ちをほぐすために、聞きにくいことは自分から話して安心させてあげましょう。


もちろん、どうしても話したくないことまで包み隠さず打ち明ける必要はありません。あたりさわりのない範囲で良いので、できるだけ自分について教えてあげてくださいね。女性側が「この人なら条件に合うかも」と感じれば、カップリングが成立する可能性もぐんと高くなります。


■問題点は反省して次のチャンスに生かそう

婚活パーティが終わったら、自分が話題にしたことや相手からの質問などを思い出し、それを紙に書いて整理してみましょう。その中で、会話をしていて気まずいと感じた瞬間や、もっとここについて話しておけば良かったというような問題点がいくつか浮かんでくるはずです。


それらを一つずつ反省し「どのようにすれば良かったのか」を考えて次のチャンスに生かしましょう。どんなに緊張しやすい人でも回数をこなせば必ずうまく話せるようになるので、あきらめず挑戦し続けることが大切です!

このページの先頭へ